佐田海苔店 有明海苔

お客様専用フリーダイヤル 0120-540-220 熊本の豊かな海の恵、有明海特産の海苔
HOME

佐田海苔のこだわり

有明海の恵み

日本最大の干潟。有明海の6mの干満差が美味しい海苔を育てます。
有明海

たくさんの栄養分が注がれる豊かな海

 佐田海苔店の海苔の産地は、日本の海苔生産の約4割を占める有明海。有明海は、九州の豊富な地下水や多数の河川によって豊富な栄養分が流れ込むところです。

栄養素や酸素が、満べんなく循環する有明海

 日本最大の干潟が形成される有明海。干満の差が6mと非常に大きいことにより潮の流れが早いのが特徴です。早い潮の流れで海水が海底までよくかき回され、湾の隅々まで酸素や栄養分が行き渡り豊かな生態系が作られています。

有明海苔の養殖佐田の有明海苔

干満の差を利用した独特の養殖方法

 有明海苔は約6メートルの干満の差をうまく利用して海苔づくりが行われています。支柱に網を張り海苔を育てる支柱作です。網は干満の差により、海中に浸かっている時間と海の上に露出している時間の2つの時間を経過することになります。

海中で栄養を蓄え、日干で旨味を閉じ込める

 潮が満ちているときは海の中で栄養を蓄え、潮が引いて日干しにされると、太陽の光を浴びてしっかりと旨味を閉じ込めます。これは、ずっと海に浸かりっぱなしでつくる他の海苔漁場とは違い、有明海の漁場独特の養殖方法です。

低い海水比重が茜色の柔らかい海苔をつくる

 海水の比重は瀬戸内海が26~27度と高く、有明海は22~23度。有明海は河川水が多めに混じっているからです。この特長から瀬戸内海は黒いが硬い海苔ができ、有明海は茜色で柔らかいとろけるような海苔ができます。